イベントレポート

vol.79

ひらゆの森ネイチャースクール イベントレポート

岐阜県

2020年10月17日~10月23日の7日間『ひらゆの森ネイチャースクール』が行われました。

 

イベントの主催はTSひらゆの森
岐阜県高山から車で約50分、中部山岳国立公園、奥飛騨温泉郷へのアクセス玄関口でもある平湯温泉にある露天風呂で有名なひらゆの森のツアー会社です。
今までも様々な着地型ツアーを展開していますが、今年世界を一変させたコロナの影響の中でも中部山岳国立公園の魅力を発信し、今後も持続していける体験プログラムを1週間にわたってモニターイベントとして実施となりました。

平湯温泉を拠点とした3つのメニュー
・上高地トレッキング
・新穂高星空ウォッチング
・ミニONSEN・ガストロノミーウォーキングin平湯温泉

参加はそれぞれのものを申し込むスタイルでしたが、奥飛騨温泉郷はONSEN・ガストロノミーツーリズムを推進していただいており、過去2回開催(残念ながら今年はコロナの影響で中止となってしまいました)されています。
今回は3メニューを全て楽しんでみるというツアーに参加してみました。
名古屋を朝早く出て1泊2日で堪能!いやはや、なかなかハードでしたが思ったよりも寒くなく、2日目は最高に天気もよくて贅沢な時間を過ごせました。
でも、本当は2泊、3泊して温泉にもゆっくりじっくりたっぷり浸かりながら滞在できたら最高だったな~と思ってしまいます。
でも今回、同じ体験を80歳オーバーのお爺様も同行してくださいましたので、大丈夫ですね♪
来年はモニターイベントではなく、たくさんの方にそれぞれのスタイルで滞在の中の体験プログラムに入れていただければなぁと思います。
コロナ禍で閉塞感がある世の中ですが、やはり自然の中、新鮮な空気を吸って、自然を堪能して、美味しいものを食べて、温泉に浸かる。とても心と身体を贅沢にさせ、明日への英気を養う癒しになるなと感じました。

~上高地トレッキング~

上高地のサイトより。
平湯温泉からバスまたはタクシーをご利用ください。マイカーでお越しの際は、あかんだな駐車場(マイカー1日600円)より乗り換えなしでバスにご乗車いただけます。との事です。

河童橋から明神池までの往復をガイドさんと一緒に楽しみます。行きは向かって左手、帰りはその対面の違った道となりました。

河童橋から見える山々は既に冠雪していました。曇り空でしたが、寒さはあまり気にならない天候で良かった!
歩く前には先ずは腹ごなしです。ここでお弁当をいただきました。どうしてこんなにも外で食べるお弁当は美味しいのでしょう。


それではガイドさんについて明神池までGo!です。


久しぶりに自然を堪能!どこを切り取っても美しい!みんな写真撮影に余念がありません。

アップダウンもほとんどなく、気持ちよく木道を歩くと明神池に到着。


神秘的な明神池に到着。荘厳なムード漂うパワースポット「神降地」。心の洗浄。
ここでしか味わえない景色。


どこでもいつでも写真撮影!そりゃこの素晴らしい景色をカメラに収めたいですよね♪
帰りは反対の道をテクテクと。河童橋に到着すると凄い画伯が!背中には「穂高に挑戦」の文字が。
この素晴らしい景色を画で収めたい気持ちは画伯もみんな一緒ですね。
自然から元気をもらった1日でした。

~新穂高星空ウォッチング~

上高地からバスで一旦、平湯温泉宿に到着しチェックイン。しばし休憩を挟んで、夜は星空観賞へGo!



新穂高ロープウェイのサイトより。日本唯一の2階建てロープウェイで雲上の世界を気軽に体感できる新穂高ロープウェイに乗って、標高2156mの山頂展望台から見上げる夜空!そこに煌めく満天の星を鑑賞します!10月とは言え防寒着は必須。第2ロープウェイ「しらかば平駅」から20分間隔で運行しています。

この素晴らしい星空は素人が撮った写真ではお伝え出来ません!是非とも現地まで足を運んでいただきたいです。
スタッフの方がレーザーポイントを使って丁寧に星座の説明をしてくださいます。

星空観賞に満足したら、次はお腹を満たします。いただいたミールクーポンを利用してそれぞれカレーや蕎麦など好きなものを選びます。カレーにコロッケを添えて♪


これだけでは足りない!とい方は、お宿に戻ってから平湯温泉街の居酒屋で楽しむというコースは如何ですか?

ライトアップされた平湯温泉民俗館です。今回モニター参加いただいた温泉旅ライターの野水綾乃さんが記事を書いてくれていますので、是非そちらもご覧ください。敷地内の奥にはお食事処「禄次」があります。夜は24時まで営業していて、郷土料理をつまみに一杯という楽しみ方もいかがでしょう。

~ミニONSEN・ガストロノミーウォーキングin奥飛騨・平湯温泉

翌日は朝から絶好の晴天日和!大自然の中、息をのむほど美しい紅葉と輝く太陽のもと、「めぐる」「たべる」「つかる」で満喫です。
平湯温泉は2018年(グランプリ受賞)2019年とONSEN・ガストロノミーウォーキングを開催、大変多くの方が参加され楽しんでいただきした。
今回はそのコースを元に少人数制のグループに分けて地元を知り尽くしたガイドさんとともにウォーキング。

「ひらゆの森」を拠点に平湯自然探勝路、平湯大ネズコ、平湯大滝、平湯民俗館など全長約8km、5時間ほどかけてめぐって、ここならではの美味しいものを各ポイントでいただきます。

歩きながらガイドさんが、自然についても詳しく説明をしてくれます。

「めぐる」ハイライト。



平湯大ネズコ、樹齢約1000年、高さ23m、幹周760cmにもなる大きなクロベの木。「森の巨人たち100選」にも選ばれている名木です。距離は僅かですがちょっとしたトレッキングです。

到達!嬉しい①

到達!嬉しい②


高さ64m、幅6m、飛騨三大名瀑の平湯大滝


平湯神社で絵馬奉納!


平湯温泉民俗館


「たべる」ハイライト。

ひらゆの森「もみの木」。山菜ころいもと甘酒

 

 


食事処「あんき屋」。飛騨牛串焼きで乾杯!


お食事処「禄次」。漬物ステーキと地酒。


つるや商店」。はんたい玉子。


らーめん酒場やどり木」。一口山椒ピザ。名物の飛騨山椒をかけて。赤い山椒、青い山椒。絶品。



アルプス街道平湯」。けいちゃんからあげ。


「つかる」ハイライト。
ゴールした後は、「ひらゆの森」でゆっくり入浴。
平湯温泉は自家源泉が多く、微妙に泉質が違います。ゆっくり湯めぐりするのも楽しみのひとつですね♬


大自然を満喫できる平湯温泉、是非訪れてみてください!