イベントレポート

vol.59

【第2回】ONSEN・ガストロノミーウォーキング in 湯梨浜町・はわい温泉東郷温泉を開催しました

鳥取県

開会式@中国庭園・燕趙園

昨年11月に初開催、今回で2回目の開催です。定員300名も超えての申し込み。
コース・メニュー内容とも初回と同じですが、時期は晩秋から初秋への変更です。
やはり2回目!おもてなしやウォーキング以外のお楽しみのバージョンアップ。さすがです。
湯梨浜を堪能つくした1日となりました。

開会式はとても立派な中国庭園・燕趙園。はわい温泉にちなみ、ハワイフラダンスのお披露目に続き、今年は中国的おもてなしの太極拳で、スタート前にみんなで体をほぐします。

 

 

 

 

 

 

 

 


受付時には、大平焼のお猪口をいただきます。色んな色があり、自分の好みのものを選びます。
今日はこのお猪口で美味しい地酒を頂きます。


乾杯のセレモニー。あっ、この方は、「世界ふしぎ発見」のミステリーハンターでお馴染みの白石みきさんじゃありませんか!可愛い~。なぜここに?白石みきさん、ここ鳥取県湯梨浜町のスポーツ親善大使に任命されているとの事。確かに健康美人って感じでピッタリです。


乾杯が済み、ここからウォーキングスタート地点まで移動します。移動手段はバスまたは遊覧船で。
今回私は遊覧船のグループで一緒に移動させてもらいました。
地元ボランティアガイドさんが蟹の被りものをして、遊覧船までご案内。楽しいお話を聞きながら、笑いながらの移動です。


遊覧船の中でも蟹の被り物ををしたボランティアガイドさんの楽しい案内が。クイズを出してもらい、回答を当てた方にはガイドさん自腹の賞品までご用意いただきました!


遊覧船は一気に東郷湖を横断します。途中、湖の中に建つ建物。あそこから、はわい温泉・東郷温泉の源泉が湧き出ているそう。まさしく湖底から湧き出す温泉。ウォーキングの後の温泉入浴が今から楽しみです。
こちらの遊覧船、はわい温泉望湖楼さんの持ち物です。到着場所は望湖楼の船着き場。あっという間の楽しい船上の一時。


スタート@はわい温泉・東郷温泉観光案内所前

ウォーキングスタート地点は船から降りてすぐ。さぁ、これから頑張って歩きます!っとその前にまずはお食事です。『東郷湖産鬼蜆(おにしじみ)のお吸い物』。東郷湖で取れるしじみは日本一大きいそうです。こちらの旨味たっぷりのお吸い物と、『手作りいぎす』。いぎすとは「えごのり」とも呼ばれる「いぎす草」をとろ火で煮とかし、固めたもので、この地方の郷土料理です。食べると口いっぱいに磯の香が広がり、ところてんのよいな寒天のような独特の食感。お酒は倉吉の地酒『元師』。もちろんソフトドリンクも。



最初のお食事を美味しく楽しく頂い後は、元気に出発!


お決まりのフォトスポット。「アロハモニュメント」。姉妹都市はなんといってもハワイです。
「アロハ~」と、ハンドサインはSHAKAスタイルが定番です!


湖畔沿いをみんなでワイワイ歩きながら、他愛もないおしゃべりに華が咲きます。
のんびり楽しいウォーキング。


ガストロノミーポイント@Cafe ippo

前方にはおしゃれなカフェが。イベント仕様に飾りつけ。このハワイ風カフェで、大人気のお食事を頂きます!


こちらです!『貝殻フィッシュバーガー』。相当大きい!昨年も大人気でしたが、今年も裏切らない味。出来立ての美味しさ。ハワイ語で「マヒマヒ」と呼ばれる、地元産のシイラをフライにして貝殻模様のバンズで挟んでます。これは大きなお口を開けてかぶりつきましょう!


お酒は北栄町の『北条ワイン・白』、三朝町の地酒『三朝政宗』、それにソフトドリンク。大人気の『白ばら牛乳』も!どれと合わせようか迷ってしまいます。
Cafe ippoの店内でいただけるドリンクチケットも付いていて、食後にコーヒーを求める行列も。



次のポイントへ進もうとしたところ、きゃあきゃあと何やら黄色い歓声が。なんとレイクチューバーを体験させてもらえます。
すっごい楽しそう!見てるだけでも面白いです。


次のポイントは向こうに見える、展望台です。ここからは上り坂。頑張らないと。


宮戸弁天

こちらに祀られている弁天様、美人の代表のようにいわれ、そのうえ、財福や知恵、長寿を与えてくださることでたいへん人気がありました。今でも特に女性に力を与えてくれるパワースポットとしても人気。
今回はこちらでおみくじまで用意してくれてました。ここはしっかりとお参りをしないと!



お彼岸の時期です。赤いヒガンバナがいたるところに。アゲハ蝶とヒガンバナ。


ガストロノミーポイント@出雲山展望台

展望台までえっちらおっちら頑張って上って来ました。いや~全身から汗が吹き出します。
出ました!『鳥取和牛串焼き』です。お肉を焼くいい匂いが広がっています。鳥取和牛は2017年に肉質1位を獲得。柔らかくってジューシーです。
お酒は倉吉の地酒『此(ひ)君』、北栄町の『北条ワイン・赤』



展望台で肉を喰らう。「美味しい~」って叫びたい。


初めて見ました。「数珠玉」なる植物。お数珠って、この玉で作るんですね。展望台の付近を整備しようと雑木を伐採していたところ、近辺は数珠玉の群生地だったそうです。数珠玉を好きに取って帰り、手作りのお数珠を作ってみたいです。



ガストロノミーポイント@東郷湖羽合臨海公園あやめ池公園

ここ、湯梨浜町はグラウンド・ゴルフ発祥の地です。ルールは簡単、大人から子供まで楽しめるスポーツ。湯梨浜から世界へ向けて普及に取り組んでいます。


さて、グラウンド・ゴルフを楽しんだ後、お待ちかねの蟹カニさんです!
飲み物は琴浦町地酒『鷹勇』、そして東郷産の『梨ジュース』。この梨ジュース、市販品ではなく手作りで、二十世紀梨のシャリシャリとした果肉がたっぷり。思わずお代わりをねだってしまいました(笑)


鳥取と言えば蟹、蟹と言えば鳥取です!とっとりウェルカニ。鳥取を代表する味覚、ベニズワイガニのご登場。カニみそもたっぷり。人を無口にさせる憎いやつですが、大好きです。東郷湖に向かって愛を叫ぶ。


食事の後は、一路松崎駅の方を目指します。途中、嬉しい看板が!東郷湖(池)のシンボル、四ツ手網を今回このイベントに合わせて特別にわざわざ張っていただけたとの事。これは嬉しい記念になります。しっかりパシャリと押さえました。



ガストロノミーポイント@福羅酒造

松崎地区はとっても古い商店街通りになっています。その一角の福羅酒造さんの前で、お楽しみのお酒をいただきましょう。
湯梨浜町の地酒、その名も『東郷』をいただきます。ノンアルは『げんき梅の甘酒』。つまみは鳥取と言えばスイカ!スイカのお漬物『とまり漬』。地酒とお漬物、最強タッグです。



商店のガラスには『鬼嫁ファイブ心得の条』なる張り紙が!
一ツ.何物にも負けない素敵な笑顔 二ツ.地域の支えを忘れない 三ツ.仲間の絆を大切に 四ツ.好奇心山盛り やれば出来る 五ツ.元気な湯梨浜 我ら鬼嫁 旦那もヨロシク!!
何とも元気がでるお言葉です。頑張れ鬼嫁!鬼嫁が地域を救う、活性化プロジェクト。


ガストロノミーポイント@交流センターゆるりん館

みんな大好き!ラーメンのご登場!!待ってました。目の前で一杯ずつ作ってくれます。この地域のソウルフード、『牛骨ラーメン』。あっさりしているけど、牛骨のお出汁が滲みて甘みを感じるスープ。昨年、このイベントで初めて食べた時から大ファンになりました。今年も食べれて嬉しい!
お酒は倉吉の地酒『八潮』を頂きました。
ゆるりん館では地産品など色々取り揃えているので、お土産を買って帰る方、続出でした。



ゴールまで後、僅かです!!中国庭園・燕趙園でフィニッシュ!


ゴール@中国庭園・燕趙園

「おかえりなさい」と鬼嫁さんたちにお迎えいただき、最後のお食事を頂きます。
デザートは梨王国鳥取県を代表する『二十世紀梨』。今日は暑い1日だったので、みずみずしい梨がことさら美味しい!
今年もサプライズメニュー頂きました!『サザエのつぼ焼き』。湯梨浜は海も近しです。



ご馳走様でした。よく歩き、よく食べ、よく飲み、色々楽しめた贅沢な1日でした。ゴール会場ではマルシェが開催されており、色んなお店でご当地ものを売っています。参加者にはマルシェで使える300円クーポンが。
なんて至れり尽くせりなんでしょう。お土産たくさん買って帰らないと。


今日は全長9キロのコースでした。たっぷり汗もかきました!となれば、勿論、温泉へGOしかありません。
このイベントは温泉入浴券まで付いているんですもの。
はわい温泉・東郷温泉10箇所からお好きな施設を選んでドボ~ンとひとっ風呂。最高のフィニッシュです!
今年も心も身体も湯梨浜でリフレッシュ全開しました!