イベントレポート

vol.89

【第2回】ONSEN・ガストロノミーウォーキングin那須塩原2021・塩原を開催しました

栃木県

2021年5月30日「第2回ONSEN・ガストロノミーウォーキングin那須塩原2021・塩原」を開催しました!
天候は晴れ。とはいえ、スタート時は雨に降られ、「天気予報は晴れだったのにー」と恨めしく空を仰ぎましたが、
にわか雨だっだ様で、その後は気持ちの良い晴天下、爽やかな5月の風を感じながらのONSEN・ガストロノミーウォーキングとなりました。

イベント前日、準備に抜かりはありません!

皆さんに楽しんでもらえるよう、スタッフ総出で精一杯の準備をしております。ウォーキング時につまづくことが無い様、草むしりも実施。また分かれ道には矢印を設置するなど準備に怠りません。

 

 

 

 


コロナ感染対策は万全に!

首都圏の緊急事態宣言を受け、栃木県在住者限定イベントとして実施いたしましたが、さらに混雑を避けるため、スタート時間は8名から10名ごとに 10分間隔の時差を設けて実施。もちろん、飛沫対策や検温、消毒、ソーシャルディスタンスを保つ導線の工夫などを行い、安全を優先しながらイベントを実施いたしました。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新緑と文豪の歴史に触れるウォーキングコース

渡辺美知太郎市長の元気な号砲!?でスタート。塩原温泉郷を流れる箒川沿いを歩きながら、塩原にゆかりのある文豪の歴史に触れる、そんなウォーキングコースでの実施となりました。何気なく歩いたこの道も、かつて塩原を訪れた夏目漱石、尾崎紅葉、与謝野晶子が歩いてたかも!?

たびたび登場する吊橋は、秋には紅葉で真っ赤に染まることから「紅の吊橋」と呼ばれています。 秋にも必ず訪れたい塩原温泉郷ですね。

 

 

 

晴天の中スタート、実はこの後、にわか雨が。。

元気よく出発


箒川沿いに整備された遊歩道

川のせせらぎがBGM


森林浴ばっちりですね

紅の吊橋を渡る、まだまだ元気な参加者のみなさん


川沿いのガストロノミーポイント

お酒の注文承ります!


湯っ歩の里では飲泉を楽しめます

尾崎紅葉の「金色夜叉」の舞台となった清琴楼


垂れた枝振りから逆杉と言われております。

樹齢1500年。塩原屈指のパワースポット。


誘導を兼ねてコース沿道を走ってくれました。

那須地域で活躍する「ブラーゼン」


先導と最後尾のスタッフがゴールで合流。

ONガスの旗が見えたら、まもなくゴール。

 

 

 


楽しみのガストロノミーポイント

終了後のアンケートにおいて、ガストロノミー(お食事)に関する満足度はなんと100%。ひとつひとつの質の高さと、ボリューム満点な量で圧倒的な好評価をいただきました。いたるところから、「おいしい」とのお声が。

那須塩原市が誇る乳製品はもちろんのこと、名産の塩原かぶ。地元の名店が提供する料理。塩原温泉郷の旅館料理がなんと空の下で味わえるなど、バラエティあふれるメニュー。ゴール後には疲れた身体を癒す、「とて焼」が登場。「とて焼」は震災直後に観光復興の起爆剤として登場し、今では塩原温泉郷を代表するご当地グルメとなりました。

チーズガーデンの冷たいチーズフォンデュ

川沿いで”のびーるチーズ”に舌鼓

 

 


那須野が原牛の大きなステーキ

Shiobara Dinner N の料理が登場


旅館「湯の花荘」の協力をいただきました

旅館料理「だんご汁」と「おこわ」


塩原のお酒たち

空の下での1杯。たまらんー。


温泉といえば温泉饅頭ですね。

カゴメさん提供のフルーツジュース


疲れた身体には甘いもの

とて馬車のラッパの形を模した「とて焼」


イベント無事終了

この度、コロナ感染拡大を受け、不要不急の都道府県の移動を控えるという判断のもと、「栃木県在住者限定」といたしました。県外から参加を予定されていた皆様に参加をご遠慮いただくこととなりました。今回、コロナの影響により活動が大きく制限される中、規模を縮小し、密を避けるなど、コロナ対策に工夫を重ねての開催でありましたが、無事に開催されたこと、また何よりもご参加の皆様やスタッフの方の笑顔溢れるイベントとなりました。

2022年秋に、3回目のONSEN・ガストロノミーウォーキングを実施予定です。コロナ収束を祈り、多くの方の笑顔に触れるイベントにしたいですね。

ゴールではマルシェも開催

ONガスの旗で彩られたウォーキングコース

 

ゴールを盛り上げる塩原文学研究会のみなさん

吾輩はカブである。名前はまだ無い