イベントレポート

vol.55

【第3回】ONSEN・ガストロノミーウォーキングin岩木山 レッツウォークお山参詣を開催しました

青森県

2019年8月29日、「第3回ONSEN・ガストロノミーウォーキングin岩木山 レッツウォークお山参詣」が、平日開催にもかかわらず約350名の参加者が集まり開催されました。夏や冬は開催が少ないONSEN・ガストロノミーウォーキングですが、この「お山参詣」は旧暦の8月1日の前日と決まっているため、今回のように8月開催もあるのです。前日は午後から雨で、初秋を思わせる涼しさでしたが、当日は朝から快晴、絶好のウォーキング日和となりました。

参加者はお揃いの半纏に着替え、集合場所の岩木文化センターあそべーるで出発式を行う頃には、祭りに向かう気持ちが高揚してきているようでした。囃子や「サイギ サイギ ドッコイサイギ」の唄声が始まり、いよいよスタートです。

 

 

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント①】「野市里 ANEKKO」メニュー: 茹で嶽きみ、嶽きみロールケーキ、ホタテ串焼き

行列は最初のガストロポイント「ANEKKO」に到着しました。ここまでは、ほぼ平坦な道ですが、ここからは徐々にお岩木山へ向かう上り坂が続きます。朝方は涼しかったものの、やはり8月、気温も上がって来て参加者の顔には汗が光り始めました。腹ごしらえに先ずは、地元名物旬の「嶽きみ」、地元の方は馴染みを持って「きみ!きみ!」と言って受け取り、サクッサクッと召し上がられていました。この甘さが体に染み、エネルギーが充填された感じになります!またこれも青森名物「ホタテ串焼き」、香ばしい醤油の匂いと歯応えのある食感がサイコーでした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント②】「新法師」メニュー: アイスキャンディー、岩木山養蜂はちみつレモン水

登り坂が続き、ゆっくり進みますので、重たい御幣を持っている方は、かなりきつくなってきます。次のガストロメニューは地元では有名な小山内商店のアイスキャンディーです!半透明の袋に覆われ、どこか懐かしく素朴な味と冷たさが参加者の火照って来た体をクールダウン、皆さん「冷たくて気持ちいい~」と言いながら頬張られていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  【ガストロノミーポイント③】「岩木山観光りんご園」メニュー: 生りんご

青森が誇る名産といえば、やはり「りんご」でしょう!これまた甘い!!岩木山観光りんご園さんの計らいで、ここでも嶽きみを差し入れてくれました。

 

【ガストロノミーポイント④】「白神商店」メニュー: 岩木山神社の御神水、りんごジュース

岩木山神社への奉納が近くなって来ました。様々な地区からの奉納で手前は混み合って来て、歩みも遅くなります。行程中最後のガストロノミーポイントで、岩木山神社の御神水とリンゴジュースが振る舞われます。皆さん疲れた体を癒し、もう一搾り元気を出して歩みを進めました。

dig

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント⑤】「岩木文化センターあそべーる」メニュー: 地元名物いがめんちと山菜料理のお弁当、きのこ汁

お岩木山神社の奉納を終え、スタート場所のあそべーるに戻り、お疲れ様会です。地元の食材をふんだんに使ったお弁当、特に私のお薦めは「イガメンチ」いかげそと野菜のすりみ揚げですが、香ばしいイカの風味がお酒と合います!恒例のきのこ汁も振る舞われ、皆さん思い思いに疲れた体を癒されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本各地のお祭りには、その土地の文化が根付いていると思います。ここ弘前にも古来から「お岩木山」への自然崇拝の形が、このお山参詣に受け継がれていると言ってよいでしょう。そのお祭りを地元の方以外にも開放され、参加し一体となれる事は、改めて素晴らしい事だと実感しました。是非、この特別な形のONSEN・ガストロノミーウォーキングを体感されてください!!