イベントレポート

vol.32

【第2回】ONSEN・ガストロノミーウォーキングin岩室温泉を開催しました

新潟県

2018年10月14日、【第2回】「ONSEN・ガストロノミーウォーキングin岩室温泉」が、187名の参加者が集まり開催されました。昨年の第1回は、梅雨時期の7月1日に行われ、あいにくの雨の中での開催にも関わらず、高い満足度を得ました。今年は一転、秋風薫る快晴の中での開催です。嫌が応にも期待は一段と高まります!

9:30受付開始、集合場所のスタート・ゴール地点である「いわむろや」名物の藁で作られた動物達も、ガストロノミーリボンで飾り付けられ雰囲気を盛り立てています。地元小学生で構成された「いわねちゃんダンス」が始まるとスタート前の参加者は拍手をして一緒に盛り上がってました。


前日、新潟で行われた「日本海美食旅新潟シンポジウム」に参加された皆様も岩室でウォーキング!!

【ガストロノミーポイント①】「岩室湯のさと公園」メニュー:はちみつレモンソーダ

スタート後、開湯300年と歴史ある岩室温泉の源泉です!300年も絶える事なく湧出する温泉水、この温泉水が幾万の人を癒してきたかと思うと感慨深くなります。

新潟県内各地で採れた純国産100%の天然はちみつを、ソーダでさっぱり仕上げた食前ジュース。気温も上がって来て乾いた喉を潤してくれました。


【ガストロノミーポイント②】「丸小山公園」メニュー:天ぷら、かきのもとのお浸し、宝山酒造の日本酒

岩室はすっかり秋の気配。ウォーキングしている沿道には花梨や柿が色付き始めていました。

ガストロノミーポイントで揚げる、出来たての温かい天ぷら!やはり、出来立ては最高です!!「かきのもと」は食用菊の花びら、お浸しにされ味がしっかり染みています。花を食べる事は滅多にないので、不思議な感じでしたが、新潟では普通なのだそうです(驚)


【ガストロノミーポイント③】「だいろの湯」メニュー: ローストポークサンド

新潟が誇るブランド豚「越後もち豚」、ネーミングの由来である、そのつきたての御餅のような弾力と口どけが良いさっぱりとした脂、歯切れよく柔らかい食感でした。

国指定重要文化財の「種月寺」越後における曹洞宗の四大道場の一つに数えられています。薩摩出身の南英謙宗が創建した事から、門には十文字の紋が入っていました。


マイナスイオンを体中に浴びて、林道を歩きます。凛とした空気に身が引き締まります。林道の奥に知る人ぞ知る「石瀬神社」、中世期には「石瀬之霊場」と呼ばれたパワースポット!祠に置いてある石に手を翳すと温かい気が出ていました。不思議??です。川の対面から水を掛ける「水掛け不動」柄杓で水を掛けようとするのですが、これが中々難しい~。水を掛けられる事で苔生した不動明王像がいい味出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

苔と不動明王の顔がいい味出していませんか!?


【ガストロノミーポイント④】「宝山酒造」メニュー: 地元酒蔵の日本酒

地元岩室で創業100年を超える酒蔵「宝山酒造」さんです。建物にその伝統を感じます。米・水・気候・風土が調和して生み出される日本酒、奇跡ですね。おかみさんの説明を傾聴、仕込蔵も見学させて頂きました。


【ガストロノミーポイント⑤】「お杉ばら園」メニュー: ぬか釜ご飯、鮭の焼漬、きのこ汁、漬物

いよいよメインの「お杉ばら園」に到着!地元岩室産の美味しい「コシヒカリ」をぬか釜で炊き上げました。どこか甘いご飯の味、それだけでも十分満足ですが、鮭の焼漬、きのこ汁、漬物が引き立てます。おかわり自由で更に嬉しい~~お腹も一杯、ちょっと長めの小休止です。

ぬか釜点火前、もみ殻の直火では無く、もみ殻が燻されて出たガスに火がついて強火になり、お米が30分程で炊けます。

ぬか釜で炊きたてのコシヒカリ。美味しそうでしょ!!


【ガストロノミーポイント⑥】「岩室公会堂」メニュー: 岩室せんべい、地元の果物

田んぼの畦道から街中に入ります。コースも終盤へ。

デザートの「岩室せんべい」と「果物」、素朴で嫌味の無い甘さが、疲れた体を癒してくれます。


【ガストロノミーポイント⑦】「高島屋」メニュー: 地ビール『スワンビール』、甘酒

明治天皇の小休所で260年の歴史を持つ、国登録有形文化財の「高島屋」。庄屋屋敷を活かした宿で囲碁や将棋の対局場所としても知られています。その伝統ある建物の中で、最後の小休止。岩室産コシヒカリを副原料に用いた「スワンレイクビール・こしひかり仕込み」です。ビールといえば麦ですが、米も意外に合っています!


さあ、ゴールは目前。

4色の幟旗が並んでいます。橋を左に曲がると幟旗を手に持った地元の方々が「おかえりなさ~い。」と旗を振り大声で出迎えてくれました!みんなが自然とハイタッチ何故か興奮しますよね、達成感を味わえる瞬間です!!サイコ~

ゴールでは地元のミュージシャンのミニライブが定期に行われ、参加者は疲れた体を休め、涼しくなってきた風を心地良く受けながら聞き入っておられました。

日本各地、四季それぞれの良さがありますが、なぜか岩室は「秋」が一番合っていると勝手に思った私でした。また来年もこの心地良い風を浴びに来よう!!