イベントレポート

vol.101

ONSEN・ガストロノミーウォーキングinスノーモンキータウン・湯田中渋温泉郷~わたしがつなげるやまのうち~を開催しました

長野県

「ONSEN・ガストロノミーウォーキングinスノーモンキータウン・湯田中渋温泉郷~わたしがつなげるやまのうち~」が、約120名の参加者が集まり開催されました。
昨年はコロナ影響、一昨年は台風影響と3年越しの念願の開催、冒頭、竹節山ノ内町長が待望の思いを挨拶で語られました。
前日の夏のような気候から、季節が2つ進んで冬のような寒さ、また朝から雨と厳しい環境でのスタートでしたが、途中からは雨も止み、コース中の渋温泉郷内の濡れた石畳も、逆に趣きあるものになっていました。

提供メニューもなめらか温泉プリンにはじまり、幻の湯豆腐、県の選択無形民俗文化財に指定されている「はやそば(早蕎麦)」、信州牛とあわび茸のバケットサンド、うずまきパン、おこみんマシュマロ、信州サーモンのチャンチャン焼き、キノコ汁、山ノ内町ブランド米「雪白舞」新米おにぎりと地元食材のものが盛り沢山。飲み物も地ビール「志賀高原ビール」や3種のリンゴジュースの飲み比べ、急遽ホットリンゴジュースも提供されました。寒い中のウォーキングだったので、温かい汁物や飲み物の美味しさが、余計に体に染み込みホッコリしました。

途中リンゴ狩り体験も行われ、参加者は鈴なりになっている大きな赤いリンゴを、歓声をあげながら摘み取られていました。ゴール会場では、途中出された食材や飲み物のマルシェ販売、皆さん両手一杯に買い物され、1300年の歴史を誇る、渋温泉街を目指されていました。皆さん、体が冷えましたから、ゆっくりトロトロのお湯に浸かり、体の芯まで温まり帰られた事だと思います。

寒い中、地元スタッフの方々も、最高の笑顔で精一杯のおもてなしをされていました。各ポイント、急遽炭ストーブ等、暖を取れる体制を準備されました。
寒いからこそ、料理の温かさだけでなく、人の温かさも存分に感じた1日となりました。本当に、ありがとうございました。

3年越しの開催に感慨

受付する参加者の皆様

外は冷たい雨でしたが、室内なので快適

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竹節山ノ内町長のご挨拶

御丈25mの世界平和大観音

第1ガストロポイント

 

 

 

 

 

 

 

地ビール、志賀高原ビール

有精卵を使用した、こだわりのなめらかプリン

 

 

 

 

 

 

 

リンゴ畑沿いをウォーキング

石畳の渋温泉街へ

 

 

 

 

 

 

 

某アニメのモデルになったといわれる金具屋さん

開湯1300年の歴史を持つ渋温泉

 

 

 

 

 

 

 

山ノ内町といえば、やっぱりスノーモンキー

第2ガストロポイント:幻の湯豆腐

 

 

 

 

 

 

 

清酒「縁喜」

ギャラリーにもなっている酒造「玉村本店」

 

 

 

 

 

 

 

第3ガストロポイント

長野県の選択無形民俗文化財「はやそば」

 

 

 

 

 

 

 

江戸時代には佐久間象山が祭典を行った天川神社

第4ガストロポイント

THE FARMHOUSE

 

 

 

 

 

 

 

信州牛と黒あわび茸のバケットサンド

お洒落な洋風建築

渋沢栄一翁のお孫さんの邸宅を移築したもの

 

 

 

 

 

 

 

レトロで可愛らしいバスの傍で一服

第5ガストロポイント

 

 

 

 

 

 

 

可愛い「おこみんマシュマロ」をコーヒーに浮かべて

地元名物うずまきパンとリンゴジュース

故黒川紀章氏設計の志賀高原ロマン美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

遠くに北信五岳を望めるはずでしたが、、、

雨は止みましたが、あいにく雲が。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

佐久間象山が眺望を愛でた「煙嵐勝処」

望月農園でのリンゴ狩り体験

 

 

 

 

 

 

 

鈴なりのリンゴの木

寒かったのでホットリンゴジュースに、体に染みます

リンゴをぶら下げ、いざゴールへ

 

 

 

 

 

 

 

 

地元食材でのチャンチャン焼き、おにぎり、キノコ汁

信州サーモン

渋温泉名物、温泉まんじゅう

 

 

 

 

 

 

 

 

ウォーキングを終え、くつろがれる参加者の皆様