イベントレポート

vol.41

ONSEN・ガストロノミーウォーキングinすかがわ&福島空港を開催しました

福島県

2019年3月3日、【第1回】「ONSEN・ガストロノミーウォーキングinすかがわ&福島空港」が、270名の参加者が集まり開催されました。2019年最初のONSEN・ガストロノミーウォーキング、3月3日ひなまつりの日、「つるし雛飾り」で有名な福島県須賀川市で初めての開催となりました。今回コース内に空港を絡めたのも初めてです! 事前の雨予報も一転、さすがにまだ気温は低めですが、梅の花もチラホラ咲いており、一足早い春も感じます。

初ものづくしの今開催!! 楽しみですね~さあ、スタートです。

 

【スタート】 「福島空港」

開会式では、橋本須賀川市長がご挨拶。その後、福島空港グランドスタッフで構成されるダンスチーム「FLYERS」による歓迎のダンスを披露!制服で踊るダンスチームもANAグループ内では唯一!!参加者からはリズムに合わせて、自然と手拍子が起きていました。

福島空港は須賀川市と玉川村にまたがる空港で、乾杯は玉川村名物「さるなしジュース」で行いました。福島空港と須賀川市街地はバスで約20分。参加者は福島空港からバスに乗り込み、須賀川市街目指してスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント①】 「翠ケ丘公園(五老山)」

メニュー: いか人参、地元日本酒、はちみつサイダー

日本の都市公園百選にも選定された翠ケ丘公園を歩き、五老山に到着。420年の歴史を持ち、日本三大火祭りにも数えられる「松明あかし」の会場。本日のために飾って頂いたミニチュア松明と甲冑姿の武士が出迎えてくれました。伊達政宗の軍が須賀川城の二階堂氏を攻め滅ぼした際の故事に由来。この時の二階堂氏主君は伊達政宗の伯母でした。

先ずは福島県名物「いか人参」、いかと人参に酢が染みこみ、あっさりとした味わいです。また福島県といえば「日本酒」種類多く並べてあり、迷いますね~「はちみつサイダー」も地元須賀川産はちみつで作ったものです。

 

 

 

【ガストロノミーポイント②】 「須賀川市役所」

メニュー: 千成だんご、ほうじ茶

市街地を歩く「街あるき」コース、次のポイントは展望所が遠くからも目立つ、須賀川市役所です。コースに市役所が入っているのも初めてですね。因みにこの展望所の高さは、地元須賀川出身で、特撮の神様と言われた円谷英二さんのウルトラマンの目の高さにしてあるそうです。市役所内には、これまた須賀川市出身で江戸時代後期の銅版画家 亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)の鍾馗様の幟旗が飾られてました。鯉のぼりなどで見る、この絵の作者も須賀川の人だったんですね~

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント③】 「須賀川市民交流センター(tette)」

メニュー: すかがわシチュー、ウルトラマンパン、楚人冠ヨーグルト

次は本年1月にオープンしたばかりの須賀川市民交流センター「tette(てって)」に到着。ネーミングは「寄ってって」や「見てって」にかけてあるそうです。入口では、つるし飾り雛が沢山飾られていて、参加者にも製作体験が行われていました。

地元の野菜をたっぷり使ったシチュー。また楚人冠ヨーグルト、「そじんかん」と読みます。ネーミングは「牧場の朝」作詞家 杉村楚人冠から来ているそうです。ウルトラマンパンは中にクリームが入っていて、お子様に喜ばれそうですね!美味しい~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント④】 「須賀川駅」

メニュー: 長沼そば、地元日本酒

ウルトラマンや怪獣のモニュメントが飾られている、須賀川市のメインストリート「松明通り」を通り抜け突き当りにある須賀川駅。駅前にもウルトラマンのオブジェがあります。ホント街中ウルトラマンだらけですね。駅の2Fに上がると、そばが茹がかれてます。「長沼そば」は香りと喉越しがよい十割そばで、地元でも中々食べられない貴重なものだそうです。この日のために準備してくれて、一食一食目の前で作ってくれました。

また、こちらでも福島県が誇る日本酒が、沢山用意されていました。此処でも、どれを飲むか迷っちゃいますね~

 

 

 

 

【ガストロノミーポイント⑤】 「釈迦堂川河川敷」

メニュー: ぼたんコロッケ

須賀川市の市花「ぼたん」、市のマスコットキャラクター「ボータン」もぼたんの花がモチーフになっています。年間20万人が訪れる国指定名勝「須賀川牡丹園」で販売されている、衣に牡丹が描かれたコロッケ、目の前で揚げてくれてサクサクでした。市内を流れる釈迦堂川河川敷で冷たい風が吹き始めましたが、ほっこり温まります。川沿いには桜並木が2km程続いてます。勿論まだ早かったですが、4月中旬頃にはピンクの並木道が出来ると圧巻だろうなと遠くない春に思いを馳せました。

 

 

 

【ガストロノミーポイント⑥】 「はたけんぼ」

メニュー: 地元野菜たっぷり豚汁、甘酒

いよいよ最後のガストロポイント「はたけんぼ」、地元の野菜の直売所です。その野菜をふんだんに使った豚汁、大きい釜で煮られていて、そこかしこで美味しそうな匂いが・・・はたけんぼに来ていたお客様もつられて、何をしているのか聞かれてました。寒い季節はやはり温かいものがサイコーですね!体の芯から温まります!!

 

 

【ゴール】 「福島空港」

バスで福島空港に戻りサプライズ!!、滑走路などの空港施設内をそのままバスで案内!日頃は立ち入り禁止の場所を、スタートで踊ってくれた「FLYERS」のメンバーが案内してくれました。

 

最後はシトシトとした冷たい雨が降ってきましたが、バスでの空港施設案内とゴールが空港内だったので、傘を差す事はなかったです。因みに福島空港は国内で2番目に標高の高い空港(372m)だそうです。(1番は長野県松本空港)ゴール手前に藤沼温泉の足湯も設置され、疲れを癒されてました。初ものづくしの「すかがわ&福島空港」イベントも無事、大盛況の内に終了しました。

ありがとう須賀川!次回は、また違った須賀川に出会える事を期待して、楽しみに待ってます!!