イベントレポート

vol.38

【第2回】ONSEN・ガストロノミーウォーキングin上天草温泉を開催しました

熊本県

晴天!この吸い込まれそうな青い空!海の都、上天草は昨年に続き、今年も絶好調のお天気です。穏やかな海が天草四郎君とともに出迎えてくれました♪
昨年大変好評だった事もあり、今年は募集開始と同時に一気に申込が殺到!凄い人気です。
アメリカにお住まいの海外の方にもご参加頂きました!インターネットを見て申込んでくれたとの事。
こんなにも楽しく素敵なウォーキングイベントですもの、今後も国内外のたくさんの皆さんに知って頂き、益々盛り上がっていきます!!

スタート地点は、天草四郎メモリアルホール。天草四郎の真の姿と民衆の熱き思いを今に伝える資料館。
高台に位置しているので、ここから見える景色もいい感じ。本日のウォーキングへの気分も高まります。出発前には『愛の鐘』を鳴らして願い事♪


続々と参加者が集まる中、歓迎セレモニーが始まりました。メモリアルホールの正面の扉が開き、修道女姿のシスターが厳かに登場。。。。と思ったら、なんと可愛い踊りがスタートしました!舞踊団「花童」の少女のみんなの華麗な舞です。妖艶でうっとり見とれてしまいます。天草四郎の悲しい生涯を舞で見せてくれました。

すっかり天草モードに嵌まりまくってしまいました!ゆるキャラ、天草四郎くんにも見送られて、いよいよ8キロにおよぶウォーキングのスタートです!


お天気も絶好調!道端の花々も彩を添えて、気分も絶好調!

最初の立ち寄りポイントの花海好公園に到着!ここはフォトポイントのみで、公園を横切ってどんどん高台へ進むコース。が、何やら人だかりが?!

あっ!!維和島みかんです!昨年も頂きました。甘くって酸っぱくて美味しいみかん。早速のおもてなしに感激です♪
維和島は、天草諸島の北部に浮かぶ島で、温暖な気候の中、柑橘類の栽培が盛んです。「みかんの樹オーナー」制度もあるそうです。
ウォーキング始まったところです。まずはみかんを頂きビタミンチャージ!ご馳走様です♪

ここからは、ウォーキングコース一番の難所?!花海好展望所目指してえっちらおっちら登っていきます。


コースの至るところに地元、上天草高校の生徒さんたちが道案内をしてくれ、嬉しくなっちゃいます。


この階段きつい~~なんて言いながら、上り詰めると、上天草観光ガイドのお母さんから「ONSEN・ガストロノミーウォーキング」の缶バッチを頂きました!感激です。
皆さん早速、帽子やカバンや服に付けています。参加者の一体感が深まるし、すっごい記念になってめちゃくちゃ嬉しいです\(^o^)/
展望台まで上った甲斐がありました!天草の海を一望、その絶景にみんなでワイワイ、記念写真に余念がありません。
ガイドのお父さんからは、天草の島々について、教えてもらいっています。


ガストロノミーポイント@スパタラソ天草

絶景を楽しんだ後は、お待ちかねのお食事が待っています!展望台から下ったところにある、スパタラソ天草にて頂きます。
スタートから1キロと書かれたパネルを発見!えっ?!まだ1キロしか進んでなかったの?とびっくり。
ここは天然温泉、天然の海水を利用したタラソテラピー、レストランなどが入った立派な施設。お食事はレストラン内で頂きます。

頂いたのは『真鯛のカルパッチョサラダ パリパリ仕立て』
何?!この真鯛の美味しさ!天草のお魚の美味しさには、いつ頂いても感激してしまいます。そして上に載っているパリパリの揚げジャガが絶妙なハーモニー。
海が見える窓辺に腰かけ、優雅に頂きました~♪お野菜もいっぱいで嬉しすぎます。これは是非ともlシュワシュワっとしたお酒を・・・・という気分になってしまいますが、アルコール提供ポイントでは無いため、ちょっぴりお預け(^_^;)

1品目のレベルの高さに、これから先に頂けるガストロノミーの期待度がメキメキっと上がってきました!
さぁ、ここからは海岸沿いウォーキングスタート!気持ちいい~~~!!

お花も綺麗~。余り詳しくない私は、朝顔にしか見えないんですが。朝顔って夏に咲くんじゃなかったけ?なんて考えながら歩いていると・・・・・・。
嫌いな人、ごめんなさいm(__)m 蛇も現れて、今日はついてる日だと前向きな私(笑)


しかし、今日は暑い!秋深まってくる10月下旬だというのに、なんと輝かしい太陽が見守ってくれています。日焼け止めも塗らず、帽子も被らずスタートしてしまい、後悔。

 

次のポイントまで行く途中、モリンガ茶の差し入れを頂きました!「モリンガ」はインドでは奇跡の木、薬箱の木といわれるスーパーハーブとの事。
有り難い。喉の渇きが癒され、このスーパーmaxの笑顔に癒され、最高!ご馳走様です。

ガストロノミーポント@鳩の釜公園(広場側)

次のポイントへ到着!スタート地点から3キロ。ここは週末多くの釣り客が集まる鳩の釜漁港の目の前にある公園です。
こちらで頂くお食事は『車エビの塩ボイルとタコステーキ』
熊本・あまくさと言ったら、車エビは外せません。車エビ、タコともに上天草の特産品です。車エビを提供頂いたのは、地元の丸山水産


紙皿ではなく、なんと立派なお皿に盛り付けられて提供頂きました!海が近くって風も強いお外での食事には、陶器のお皿で頂くのは大変GOOD。
車エビのボイルにタコステーキ、そして手作りのお漬物に梅干し。こりゃどうみてもお酒がすすむラインナップ(笑)
さすがです。ちゃんとお酒が揃えられています。天草焼酎にワインに日本酒に、そしてサントリーの香るエールまで!いや、最高です!


みんな笑顔!外で頂くお食事にお酒に大満足です。

食後には、ちょっとしたゲーム大会。横の広場では、輪投げやパターゴルフに興じます。みんな童心にかえって大盛り上がり!


堪能した後は、さぁ、次へ進みましょう。やっと5キロ地点まで到着!


ガストロノミーポイント@唐船ヶ浜

これぞ絶景の唐船ヶ浜に到着。島原半島を遠く望む野釜島の北側にある、波が穏やかなビーチ。今日は天気が最高に良いので、対岸の雲仙普賢岳もくっきりと。
まずは海岸のお散歩&写真撮影大会。

お待ちかねのお食事は『天草大王炭火焼き天草地中海スタイル』プリプリの地鶏、天草大王をシェフが豪快に炭火焼き。


う~~~ん!本格的お料理。地中海式とあって、ビジュアルにも拘ってます。ウォーキング途中、それもこの絶景の中で頂くだなんて、なんたる豪華さ。
冷え冷えのビール、プレミアムモルツの香るエール、赤ワイン、白ワイン、天草焼酎、色んなお酒が揃っているので、お好きなものをチョイスして。

大大大満足のひと時でした。さぁ、ここからは少し折り返しとなります。益々、空と海の蒼さ、しお風の心地よさを体いっぱいに感じながら。

ガストロノミーポイント@鳩の釜港(漁港側)

車エビとタコステーキを頂いた、鳩の釜まで戻ってきました。先程は公園でのお食事でしたが、今回は港のそばでお食事を頂きます。
メニューは『浜鯛飯と磯のかおりのあおさ味噌汁』
出来立て、作り立て!なんという贅沢。鯛飯には鯛の身のそぼろと切り身を乗っけてくれます。こりゃ絶品です!やっぱり天草のお魚は最高!
あおさのりがたっぷり入ったお味噌汁は、磯の香りが鼻をくすぐり、なんとも風味豊か。手作りのお漬物と合わせて更に美味しさをパワーアップしてくれます。


いやはや、よく食べました!飲みました!歩きました!嬉しいことに、ここからは船に乗ってゴール近くまで移動です♪
歩きながら海を感じ、船に乗って更に海を堪能できる、こんな贅沢なウォーキングイベント、なかなか他では有り得ません。流石、上天草!


船での移動は楽しく、思いっきり潮風を堪能していたら、あっという間に水産研究センターの船着き場へ到着。ここからゴールまでは、あと僅か、ウォーキングです。

ゴール(ガストロノミーポイント)@宮津海遊公園

ゴール到着!全長約8キロのコースでしたが、みんな満面の笑顔で帰ってきます!ゴールでの記念撮影はお約束ですね。


最後に頂くのはお待ちかねのデザートです。よく歩いて、心地よい疲れとともに頂く甘いものは、また格別です。

頂いた『レモンケーキ』、地元のジラソーレというケーキ屋さんと、上天草高校生のコラボ商品。上天草で育ったレモンを練りこんだケーキはしっとりしてて、そこらじゅうから「美味しい!」と大絶賛の声が。レモンケーキと言っても、さすが柑橘王国!オレンジも練るこまれているようです。こりゃ参りましたの旨さです。コーヒーとともに、ゆっくりと堪能致しました。

昨年に続き、今年もお天気は最高。上天草の海、自然、食、お酒、そしてたくさんのおもてなしを堪能させて頂きました!
なんて良いよころなんでしょう。移住者が多いのも納得です。
ゴールを後にして、最後は上天草の温泉でフィニッシュです。次回も「めぐって、たべて、つかって」上天草を余すことなく堪能しに来ます!